美と健康メンテナンス特集 / 口臭ケア

これでニオわない!口臭をなくす生活習慣

口臭の原因は、スマホやダイエット、むくみ体質など、意外なものがいろいろ。その原因と対策をご紹介します。
  • この記事をシェアする
美と健康を学ぶ 口臭ケア 口臭をなくす生活習慣

ヒトの体は自分のニオイに気づかない仕組みがある

「口臭のうち、歯や歯ぐき、舌など“口の中”に原因があるものは6割。他の4割は、体質や生活習慣、ストレスによるものです」と、口臭専門クリニック中城歯科医院院長、医学博士で鍼灸師の中城基雄先生。歯周病などの治療によって口臭がなくなることもありますが、体質改善からじっくり取り組まなければ消えないニオイもあります。
また、近頃増えているのが「スマホ口臭」。下を向く姿勢のため「唾液腺」が圧迫されたり、無表情、無言で長時間すごすことで唾液の分泌が減るのが原因です。唾液が減って口の中が乾くと、ニオイを発生する雑菌が繁殖しやすくなるのです。
ちなみに口臭は、自分では気づきにくいもの。そもそも動物には、外敵やエサのニオイに素早く反応できるよう、自分のニオイには鈍感になるという仕組みがあるのだそう。そのため、周囲がみんな気づくような強い口臭でも、本人は全然気づかないことが多いというから要注意です。

スマートフォンを眺める女性

こんなニオイには不調が隠されている

体の状態でさまざまな口臭が発生します。口臭の原因と、その解消法をご紹介します。

「歯周病」で腐った魚のニオイ

35歳を超えると70%はかかるという「歯周病」。歯ぐきのすきまに細菌が入り、炎症を起こすもの。出血したり、膿が出るようになると“腐った魚”のような口臭が。それでも自分では気づかないので、定期的な歯科検診がおすすめです。治療すれば口臭はなくなります。

「舌苔」からイオウのニオイ

「舌苔(ぜったい)」とは、舌の表面につく苔のようなもの。ここに細菌や食べカスがからみつくとイオウのようなニオイの原因となります。毎朝、舌専用のブラシで優しくかき落としてためないこと。舌専用のブラシは、ドラッグストアなどで購入できます。歯ブラシでこすると舌が傷つくのでNG。

「ダイエット」でてんぷら油のニオイ

無理な食事制限だけのダイエットをすると、体脂肪が分解されるとき、ニオイ物質の「脂肪酸」ができます。すると、口や体から天ぷら油のようなニオイがすることが。一気にやせようとせずに、適度に食べて運動してエネルギーを燃やし、少しずつ体重を落とせばニオいません。

「むくみ体質」はザリガニのニオイ

顔や脚がむくみがちで、疲れやすい人は、東洋医学で「湿」とされる体質。このタイプは、金魚鉢やザリガニのような水っぽい口臭が。むくみ解消に働くカリウム豊富なセロリや白菜を食べたり、緑茶やウーロン茶のカフェインで余分な水分を追い出し、むくみを解消しましょう。

緑茶

すぐできる!口臭をなくす生活習慣

いつもの習慣にちょい足しするだけで、イヤ~なお口のニオイが改善します。唾液を増やすテクで、スマホが原因の口臭や、緊張しているとき、ドライマウスの人に多い口臭に効果的。また、食後のニオイ解消に働く方法をお教えします。

アゴを上げて背伸び

アゴを上げると唾液腺が開放されて、唾液が分泌されます。さらにそのまま腕を上げ「う~ん」と伸びをしましょう。体の緊張がほぐれて副交感神経が優位になり、唾液がもっとよく出るように。スマホを使うときは、30分に1回はこの伸びをして。

食べ物のニオイはりんごと牛乳で消す

食べカスのニオイには、りんごが効果的です。にらやニンニクに含まれる成分でニオイの元となる「アリシン」を、りんごの「リンゴ酸」が分解してくれるため。りんごはよく噛んで食べ、ジュースなら口の中全体に行き渡らせながら飲んで。ただし、リンゴの酸が歯にダメージを与えることもあるので、口内に行き渡らせて口臭を抑えた後、水で口をすすいだり、歯みがきをするのがおすすめです。
また、ニンニクを使った料理を食べる前に牛乳を飲むと、牛乳とニンニクの成分が反応することでニオイ物質を抑え、口臭を防ぎます。

口臭は体が発するシグナルのひとつ。ニオイの原因を見極め、それに合った対策をとれば、ニオイが消えるとともに体調がよくなることも。「口臭があるかな」と気になったらまず、口臭専門医や歯科に相談してみましょう。

(企画編集/からだにいいこと)

この記事の監修者

中城先生の写真
中城 基雄先生
  • 口臭専門クリニック中城歯科医院院長。歯学博士。10年間で3000人以上の口臭をチェックしている。歯科医師として治療にあたるかたわら鍼灸師の国家資格を取得。西洋医学と東洋医学を融合した独自の治療を行う。著書に『病気の9割を寄せつけない たった1つの習慣』。