美と健康メンテナンス特集 / 肌ケア

シミを作らせない! 6つのNG習慣

シミがあると顔に老け感が出てしまうので、できるだけ美白肌をキープしたいもの。そのためにがんばってケアしているのに、シミが……!? それ実は、シミによくないNG習慣が原因かもしれません。
  • この記事をシェアする
美と健康を学ぶ 肌ケア 野菜の色選び

キレイになるためのケアがまさかの逆効果に!

「顔はさわればさわるだけ、シミが増えます」と指摘するのは、美容皮膚科医の阿部圭子先生。年のせいと思っていたけれど、実は自分の手が原因だったのかも…。特に女性が陥りやすいのが、やりすぎ美容によるシミなのだそう。
「とにかくたるみを取りたいと、時間さえあれば美顔器をあてていませんか? また保湿しておきたいからと、クリームをずっと落とさない人も要注意。美へのこだわりが強い人ほど、シミが多かったりするんです」と阿部先生。
シミの原因には、①肌の炎症 ②皮膚や体の酸化 ③食べ物 の3つが大きく関わっています。今回、紹介するNG習慣はその代表例。すぐにストップして、シミを防ぎましょう。

あなたはやっていない? 6つのNG習慣

【NG習慣1】コスメジミ
着色料と摩擦、ダブルの原因でシミに!

チーク、アイシャドウ、アイライナーなど、色ものコスメは要注意。着色料がアレルギーの原因になったり、塗るときや落とすときの摩擦で肌に炎症を起こしやすく、シミの原因になります。
メイクをするときはやさしく、こすりすぎないように。また落とし残しを防ぐため、ウォータープルーフタイプの日常使いは避けましょう。

【NG習慣1】コスメジミ

【NG習慣2】美顔器ジミ
コロコロの刺激の分だけ濃いシミが増産されます

顔にコロコロと滑らせるタイプの美顔器は、適度に使うのはOKですが、やりすぎると慢性の刺激により肌が色素沈着を起こします。アラフォー女性に多い頬骨のシミ「肝斑(かんぱん)」も、さらに濃くなることに。
「美顔器タイムは寝る前1分」など、時間を決めてやりすぎを防いで。また肌の乾燥を感じているときは、摩擦による刺激が強くなるので避けましょう。

【NG習慣3】クリーム・オイルジミ
油分の酸化がシミをつくる

シミの元になる「メラニン色素」は、紫外線を浴びたり、皮膚の油分が長時間空気にふれて酸化することで増加します。クリームやオイルにも油分が含まれるので、肌の上で酸化するとシミに!
夜にクリームやオイルを塗ったら、朝は必ず洗顔を。また、汚れが見えないからと洗顔料を使わないのはNG。肌に残った油分が、日中に酸化します。

【NG習慣4】お菓子ジミ
体が「糖化」して肌が黄褐色に

食べすぎて余った糖と、体のたんぱく質がつながると、褐色の老化促進物質「AGE」がつくられます。これを「糖化」といい、まるで食べ物がコゲるように、肌がだんだん黄色くシミ色に!
おやつはクッキーなら2枚までにして、糖分を控えて。揚げ物や焼き目のあるものも糖化食品なので、ポテトフライやパンケーキも要注意です。

【NG習慣4】お菓子ジミ

【NG習慣5】メガネジミ
鼻パッドの跡が赤黒いシミに変化

メガネの鼻パッドは皮膚を圧迫し、さらに動いてこすれるため、炎症が起きやすくなります。その炎症が慢性化すると、やがて色素が沈着してくっきりジミに!
長年同じメガネの人は、鼻パッドが動きやすくなっていないか、圧が強すぎないか調整しましょう。鼻への圧を減らせる軽量タイプや、鼻パッドなしのメガネに替えるのもおすすめ。

【NG習慣6】がんばりジミ
激しい運動はシミを引き起こす

運動は体にいいけれど、ヘトヘトになるまでやると呼吸が荒くなり、体内の酸素量が増加します。その分、活性酸素も多くなり体がサビることに。そのサビがメラニン色素の生成を刺激して、やがてシミになるのです。
激しいスポーツは避けて、ウォーキングなど息が上がらない運動にして。適度な運動は、代謝を上げて肌のターンオーバーを促進し、シミを薄くしてくれます。

(企画編集/からだにいいこと)

この記事の監修者

阿部圭子先生
阿部 圭子先生
  • 美容皮膚科医。青山研美会クリニック院長。“体の内からのスキンケア”を指導し、女性の肌悩みの治療を行う。著書に『40歳からの「正しい」美肌の教科書』(永岡書店 ¥626)。